Microsoft 365

Microsoft 365
集計値と被集計値とを入れ替える(店と果物を入れ替える)数式を作った話

今回は、Xのポストでエクセル上でのデータ集計方法を聞かれていたのに対して答えた数式の話です。 そのポストでは、画像のA~E列のように、特定の第1の項目(集計値)と、それらのそれぞれに対応づけられる複数の第2の項目(被集計 […]

続きを読む
Chat GPT
レーベンシュタイン距離を使った名寄せの事例

ここ最近までお仕事がかなり詰まっていてブログの投稿が全然できていなかったのですが、時間ができたのでXの過去ポストについての記事を投稿していきたいと思います。そんなわけで、今回はレーベンシュタイン距離を使った名寄せの事例の […]

続きを読む
Microsoft 365
PatBaseの分析用データの前処理

 今回はPatBaseで分析するデータをエクセルの新しい関数群を使って分析できるようにする前処理の話です。  PatBaseでも他の特許データベースと同じように分析用のデータをダウンロードできます。しかもグローバルの出願 […]

続きを読む
パテントマップ
J-PlatPatの検索結果の簡易分析情報をエクセルで整理する

前の記事で説明したChatGPTによる標題の情報のデータ整理をエクセルでやる場合はどうするかについて説明します。前の記事は以下からどうぞ。 こういうのでいいんだよ、こういうので。 | patent & marke […]

続きを読む
開発ツール紹介
テキストの類似度に基づく類似スコアリング

引き続きエクセルの配列機能を応用したツールを開発していまして、なかなか良さそうな分析ツールができたので紹介します。  このツールの開発を始めたきっかけなんですが昨晩もChatGPTのCode Interpreterと特許 […]

続きを読む
パテントマップ
エクセルとChatGPTを使った発明者クラスター分析

少し前にエクセルの配列機能の特許情報分析への適用の可能性を感じて、事あるごとに開発しているのですが、エクセルとChatGPT-4を使ったなかなかマニアックな分析手法を確立できたので紹介します。 この手法では、所定の母集団 […]

続きを読む
開発ツール紹介
テキスト処理関数の使用例(複数の特許分類から複数の上位階層の分類への変換)

 エクセルの特許情報分析への適用について引き続き研究をしているのですが、配列と新しい関数を使うといろいろな場面で効率化ができそうな方法を編み出したので紹介します。 なお、ここで紹介した数式はTEXTSPLIT関数を使って […]

続きを読む
Microsoft 365
エクセルの新関数/新機能が使えるようになったバージョン一覧

弊所はMicrosoft365のサブスク契約でオフィスツールは使っていますが、エクセルで分析ツールを作って使う場合、自分のところで使うだけであれば問題ありません。 しかし、案件によりクライアントのPCでも同じ分析ができた […]

続きを読む
Microsoft 365
多行多列のデータを1列にまとめる数式【Twitterで発信したTIPS】

2022/3/2のツイートの解説記事です。 特許分類を集計したいときにカンマ区切りなどで分割して集計できるようにするような場合があるのですが、以前はこんな式を使って四苦八苦しながら分析していました・・・Microsoft […]

続きを読む
パテントマップ
社名リストからDB書式に合わせた検索式を作る方法【Twitterで発信したTIPS】

2022/12/11のツイートの解説記事です。 標題の操作なんですが、Microsoft365で使えるようになった新しい関数を使った数式で簡単に検索式用の形式に合わせたデータが作れます。 画像の例では出願人で作成してます […]

続きを読む